防犯施工例

Works

賃貸マンションにおける防犯対策

施工場所
東広島市内 マンション
施工内容
マンション玄関前、ゴミ置き場、駐車場、エントランス内
相談内容

マンションを所有しています。

防犯対策をしたいのですが、どこに防犯カメラを付けたら良いでしょうか。

モリタカの提案

 

シンシア施工後⑤   ゴミ置き場①

最近は、部屋探しでセキュリティ面を重視する人が増えてきているということですので、まずは、

★玄関前とゴミ置き場にカメラを設置します。

 不法侵入や不法投棄対策になります。

★駐車場と駐車場エリアにカメラを設置します。

 盗難対策、いたずら防止になります。

★エントランス内にもカメラを設置します。

シンシア施工後④

 郵便受けの不要物投函などの警戒ができます。さらにモニターを付けることによって(撮影されている)不審なチラシなどの投函の防止や郵便物の盗難対策にもなります。

 

 

 

今回使用
アイテム

 屋外用赤外線照明付カメラ3台。

 屋内用赤外線照明付ドームカメラ1台。

 AHDハイビジョンレコーダー1台。

 24インチワイド液晶モニター1台。

 19インチワイド液晶テレビ1台。

 

シンシアモニター①

セキュリティ面を充実させることで物件価値を高め、若い女性にも物件をアピールすることができ空室対策にもなります。このような防犯対策は、所有するマンションの価値を高め、最終的にはオーナー様のメリットとなって戻ってきます。

これからのマンション経営には、防犯の意識が重要と言えます。

 

 

商品の詳細を見る